最新古墳にコーフンニュース

ニュース

かわいい犬形埴輪キーホルダー 堺市博物館が発売、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産へ機運醸成/大阪

堺市博物館(同市堺区)は、市内の百舌鳥(もず)古墳群に隣接する窯跡から出土した犬形埴輪(はにわ)の模型をあしらったキーホルダー(1個200円)の販売を始めた。ピンと立った両耳や丸まった尻尾がかわいらしく、来館者の人気を集めている。

犬形埴輪は同市北区の百舌鳥梅町窯跡から昭和47年に出土。市博物館で展示している埴輪の中でも、特に子供たちに愛されていることから、新たなグッズとして作製することにした。キーホルダーは縦2・3センチ、横3・5センチのミニチュアサイズ。

市博物館では昨年4月から、埴輪をイメージしたグッズ「ハニワのハニーちゃん」(1個千円)も販売している。担当者は「2つのグッズで、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けた機運醸成に一役買いたい」と話している。

記事のページ:
http://www.sankei.com/west/news/170118/wst1701180018-n1.html