最新古墳にコーフンニュース

イベント

二子山古墳フォーラム「宇治二子山古墳と大王の時代」(3月26日)/京都

2017年3月26日、京都府宇治市の宇治公民館3階大集会室にて『二子山古墳フォーラム「宇治二子山古墳と大王の時代」』が開催されます。

「宇治二子山古墳と大王の時代」
1.概要・目的
宇治二子山古墳は、宇治橋東側の宇治川を見下ろす山上に5世紀代に築かれた、2基の大型円墳です。昭和43年春の発掘調査でヨロイや多量の刀剣類等の鉄製武器、銅鏡や玉類などの豊富な副葬品が発見され、古墳時代中期の宇治を支配した首長の古墳であることが判明しました。ちょうどこの時代は、記紀によれば応神天皇の皇子である菟道稚郎子が宇治に宮を営んだと伝えられる時にあたり、両者の関係はたいへん注目されるところです。

この宇治二子山古墳と宇治の美しい自然を未来に伝える取り組みを進める宇治市では、今回、古墳研究で活躍される先生方をお招きし、下記のように宇治二子山古墳をめぐるフォーラムを開催します。ふるってご参加ください。

2.日時
平成29年3月26日(日) 13時00分~17時00分(受付12時30分から)

3.内容
○講演 「宇治二子山古墳の発掘調査と文化財保護」 前大阪国際大学教授 杉原和雄氏
○報告 「宇治二子山古墳の出土品について」
○フォーラム 「宇治二子山古墳と大王の時代」
「宇治二子山古墳と宇治宮」 京都府立大学教授 菱田哲郎氏
「大王権と地域首長」 京都橘大学教授 一瀬和夫氏
「宇治二子山古墳の評価とその保全」 文化庁主任調査官 禰冝田佳男氏

4.会場
宇治公民館3階大集会室

申し込み方法
お電話または、「住所・氏名・連絡先」をご記入の上、Fax・E-Mailにて歴史まちづくり推進課まで、事前にお申し込みください。

Tel:0774-21-1602 Fax:0774-21-0400

E-Mail:rekimachi@city.uji.kyoto.jp

※定員:先着200人 参加費無料

詳細ページ:
https://www.city.uji.kyoto.jp/0000017104.html