最新古墳にコーフンニュース

ニュース

土器や埴輪さわって鑑賞 橿考研付属博物館で視覚障害者対象に体感展示会/奈良

博物館利用の少ない視覚障害者を主に対象にした特別陳列「さわって体感考古学!!」が20日まで橿原市の橿原考古学研究所付属博物館で開かれている。土器などすべての展示品(36点)をさわることができ、感触を確かめられる。

開催には県立盲学校が協力。視覚障害者のための本格的な展示会は県内では初めてでパネルやキャプションも点字で表記され、点字・盛り上げ印刷の展覧会パンフレットもつくられた。

展示品は、県内の遺跡で出土した約3千年前の縄文土器や約2千年前の弥生土器、約1500年前の古墳時代の埴輪(はにわ)や須恵器のほか、銅鐸や銅戈(どうか)、三角縁神獣鏡、墓誌、馬具(鞍金具)のレプリカなど。箸墓古墳の石膏(せっこう)模型も並べられている。

観覧無料。問い合わせは橿考研付属博物館(電)0744・24・1185。

記事のページ:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000016-san-l29