最新古墳にコーフンニュース

ニュース

飛鳥時代の氏族の墓?与楽キタヤマ1号墳を新たに確認/奈良

飛鳥(あすか)時代の渡来系の氏族の墓とされる高取町の与楽(ようらく)古墳群の発掘調査で、加工された石材を組み合わせた横口式石槨をもつ古墳が、新たに確認されました。

新たに見つかった与楽キタヤマ1号墳は、1辺およそ14メートルの方墳です。発掘調査では埋葬施設と、それにつながる羨道の床石の他、奥側の壁の一部などが確認されました。規模は全長2.25m、幅0.8mあり、墓室が1つだけの横口式石槨の一部と見られます。石槨の構造から築造された時期は、周辺にある国指定史跡の寺崎白壁塚古墳より新しい、7世紀中ごろと考えられます。調査した高取町教育委員会では、飛鳥を拠点とし、政治などで活躍した渡来系の氏族・東漢氏(やまとのあやうじ)の有力者が葬られた可能性を指摘しています。なお、現地は埋め戻されており、見学などはできないということです。

記事のページ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010001-tvnv-l29