最新古墳にコーフンニュース

ニュース

国内候補の選定開始=19年世界遺産登録目指す―文化審部会

文化審議会の世界文化遺産部会が24日開かれ、2019年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す国内候補の選定を始めた。

地元自治体が推薦書素案を提出した3件のうち、7月末をめどに1件を選び、閣議了解などを経て、来年2月1日までにユネスコへ推薦書を提出する。

素案を提出したのは、「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟)、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)の3件。

記事のページ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000096-jij-soci