最新古墳にコーフンニュース

イベント

特別展「はにわの世界―茨城の形象埴輪とその周辺―」/茨城(10月12日〜)

2013年10月12日〜2013年11月24日まで、茨城県立歴史館にて『特別展「はにわの世界―茨城の形象埴輪とその周辺―」』が開催されます。

【会期】
10月12日(土曜日)~11月24日(日曜日)

【見どころ】
古代、茨城は埴輪の一大生産地であり、埴輪を並べた古墳が多く見られる地域です。形象埴輪とは、家や道具、人物、動物などをかたどって作られた埴輪で、古墳に埋葬された人物に関する生活や儀式の様子を反映したものと考えられています。なかでも、小美玉市・舟塚(ふなつか)古墳から出土した一群は、関東を代表する埴輪群の一つです。本展では、その形象埴輪12点を一堂に会して展示し、配置状況や構成を明らかにします。

茨城県内で製作され、現在は県外で保管されている埴輪たちも今秋、茨城県立歴史館に帰ってきます。古代の人々が表した鎮魂の形と、現代でも親しまれるその姿を、ぜひご覧ください。

詳細ページ:
http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/topics/info/event/h25/1004/index.html