最新古墳にコーフンニュース

お知らせ

旅するメディア「びゅうたび」に、まりこふんの旅行記掲載『古墳にコーフン! 太古のロマンに触れる 群馬・古墳旅』

古墳の形のかわいさに惹かれて、全国各地の古墳との出会いを楽しんでいる“古墳シンガー”まりこふんです。

日本には現存するだけで約16万基の古墳があります。この数、なんとコンビニの3倍!

古墳といえば、西日本にたくさんあるイメージがあります。そんな中、昨年末に「群馬県の古墳の数が県教委の調査で、従来公表されていた8,423基から大幅に増え、1万3,500基前後になることがわかった」というニュースがありました。平成24年度周知の埋蔵文化財包蔵地数によると1位の兵庫県が1万8,841基、2位の鳥取県が1万3,459基ですので、この発表により、群馬県の古墳の数は全国でも2位(これから行う調査の実数によっては3位)に位置することになります。群馬の古墳は大きさや状態の良さからファンが多く、今回のニュースを喜ぶ声も多かったんです。

古墳界で注目を浴びている群馬。一体どんな古墳があるのでしょう?

群馬の古墳との出会いに土器土器(ドキドキ)しながら旅してきました。

記事のページ(続き):
https://www.viewtabi.jp/17062701

まりこふんの群馬古墳旅が記事になりました!
コーフンしながらお読みくださ~い!!