最新古墳にコーフンニュース

ニュース

キトラ古墳壁画「朱雀」を報道関係者に公開 15日から一般公開/奈良

修復を終え、奈良県明日香村の保存展示施設・四神(しじん)の館に収蔵されている同村のキトラ古墳壁画の「朱雀(すざく)」が一般公開を前に13日、報道関係者に公開された。一般公開は15日~8月13日で、昨年に続き2回目。

朱雀は伝説上の鳥で、古墳石室の南壁に翼を広げた姿が描かれていた。保存のため玄(げん)武(ぶ)や青龍(せいりゅう)など他の壁画とともにはぎ取られ、汚れを落とすクリーニングを実施。昨年修復が終了した。輪郭などがはっきりわかるようになったという。

キトラ古墳壁画について文化庁は今後、年4回の公開を予定。修復中の高松塚古墳壁画(国宝)の18回目の一般公開も15~21日に同村の修復施設で行われる。

いずれも事前申し込みが必要だが、当日空きがあれば見学できる。問い合わせは文化庁の公開事務局で、キトラ古墳壁画(電)06・6281・3060、高松塚古墳壁画(電)06・6281・3040。

記事のページ:
http://www.sankei.com/west/news/170713/wst1707130104-n1.html