最新古墳にコーフンニュース

イベント

名古屋発着バスツアー『飯田古墳群 国史跡指定記念《古代史謎解きの旅》飯田古墳群“古代ミステリー探訪”と初秋満喫 南水(南信州生まれの梨)&秋映(信州・りんご三兄弟)の“W”収穫体験』(9月23日)/長野

2017年9月23日、長野県飯田市周辺にて『名古屋発着バスツアー「飯田古墳群 国史跡指定記念《古代史謎解きの旅》飯田古墳群“古代ミステリー探訪”と初秋満喫 南水(南信州生まれの梨)&秋映(信州・りんご三兄弟)の“W”収穫体験」』が開催されます。

《飯田古墳群(国史跡)について》
飯田市にはかつてなんと520基を超える古墳がありました。また「前方後円墳」に至っては、長野県内の約半数が飯田市内に集中しており、飯田市は「古墳のまち」として以前から注目されてきました。そして昨年10月、主要な古墳13基が「飯田古墳群」として国の史跡に指定されました。その指定理由の一つとして、古墳時代以降、飯田は中央と東国を結ぶ陸路の中間地点に位置し、馬の生産拠点・集積地として、古代ヤマト王権にとって大変重要な場所であったことがあげられています。今回、飯田古墳群の国史跡指定を記念して、古代ロマンとミステリーに満ちた“古墳のまち飯田”を訪ねます。もちろん南信州の初秋の味覚、南水&りんごの収穫体験もご一緒にお楽しみください。

【日時】
2017年9月23日(土・祝)

【旅行代金】
1名様 13,500円(税込み)

【定員】
40名(最小催行人数22名)

【日程・ツアー内容】
7:45 名古屋駅(太閤口)集合 8:00出発(大型バス利用) ⇒10:10天龍峡IC

《飯田古墳群見学》
○10:20 飯田市竜丘
飯田古墳群(国史跡)の中から、古墳が集中する竜丘地区の古墳を「竜丘古墳の会」のガイドの案内で巡ります。
○塚原二子塚古墳(国史跡 *前方後円墳)
塚原二子塚古墳は、鏡塚古墳、鎧塚古墳など大小16基の古墳から成る塚原古墳群の盟主とされる古墳です。発掘調査から二重の周溝が確認されています。周辺景観とともに良好な姿を残す古墳です。
○馬背塚古墳(国史跡 *前方後円墳)
後円部と前方部にそれぞれ横穴式石室があります。前方部の石室は近畿地方にある古墳の石室と極めてよく似ています。石室内部に入ってみると、石室内部の大きさや広さ、また使われている石の大きさに驚かされます。

《そばの郷 農耕百花で昼食》
○12:00 飯田市・天龍峡
今年4月にオープンした天龍峡温泉交流館「ご湯っくり」。交流館内にある「そばの郷 農耕百花」では、地元産のそば粉を使った自慢の蕎麦をご堪能ください。

《南水&秋映の“W”収穫体験》
○13:15 飯田市・梅花園
南信州生まれの梨「南水」。果汁が多く、なんといっても甘いのが特徴です。また秋映は、
「信州・りんご3兄弟」(他にシナノスイート、シナノゴールド)の1つで、果汁をたっぷりと
含み、濃厚な味わいが人気です。
💡ポイント
果物狩り+お一人様 南水3個&秋映3個収穫・お持ち帰り

《国史跡指定記念企画展 「飯田古墳群 ~いいだは古墳の博物館~」観覧》
○14:35~ 飯田市美術博物館
国史跡指定を記念して、出土遺物を一堂にそろえて展示しています。武具、鏡、金環や耳飾りなど装身具のほか、飯田の古墳を特徴づける馬に関する豊富な遺物について、特別に専門学芸員から説明があります!

《農産物直売所「りんごの里」にてお買い物》
○15:40

16:05飯田IC⇒18:15名古屋駅(太閤口)着

【お申し込み】
平成29年9月12日(火)までにFAX、郵送、または南信州観光公社ホームページのお申込みフォームより(株)南信州観光公社までお申し込みください。

【お問い合わせ】
(株)南信州観光公社
長野県飯田市育良町1-2-1(りんごの里内)
TEL:0265-28-1747
FAX:0265-28-1748
<営業時間>8:30~17:30

詳細ページ(チラシPDFあり):
http://msnav.com/8026