最新古墳にコーフンニュース

ニュース

脇袋丸山古墳前方部から特殊な遺構/福井

若狭町瓜生の脇袋丸山塚(わきぶくろまるやまづか)古墳(5世紀中期)について、花園大(京都市中京区)の考古学研究室(高橋克寿教授)は8日、帆立貝(ほたてがい)式古墳の前方部から棺(ひつぎ)を埋葬したような特殊な遺構を見つけたと発表した。後円部からは円筒の上部にヒレが付いた鰭付(ひれつき)円筒埴輪(はにわ)の破片も出土した。この形態の埴輪の出土は北陸地方では初だとしている。

帆立貝式は、前方部が短くホタテ貝のような形状から名付けられた。

高橋教授によると、見つかった遺構は前方部のほぼ中央にあり、底部は現在の地表から深さ3メートル付近にあり、高さ、幅約80センチ、長さ170センチを超す木製の棺を埋葬した形跡がある。周囲は川原石の混じった粘土で囲われ、周辺の地中から鏃(やじり)片3点も出土した。

記事のページ(続き):
http://www.asahi.com/articles/ASK984QFKK98PGJB00S.html