最新古墳にコーフンニュース

ニュース

<皇居>三の丸尚蔵館 陵墓出土品など23日から公開/東京

宮内庁が管理する天皇や皇族の墓所「陵墓」などから出土した考古資料95点を展示する「古代の造形」が、皇居の三の丸尚蔵館で23日から始まる。初公開となる金メッキの古墳時代の冑(かぶと)などが出品され、同庁の考古資料の展覧会としては最大規模。

冑は明治時代に皇室に献上されたもので出土地は不明。「衝角」と呼ばれる先端がとがった形状で、金メッキされたものは国内で二つしか見つかっていない。日本最大の前方後円墳で、同庁が「仁徳天皇陵」として管理する大山(だいせん)古墳から出土したはにわなども展示されている。入場無料で12月10日まで。休館日は原則月、金曜日。詳細はテレホンサービス(03・5208・1063)。

記事のページ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000123-mai-soci