最新古墳にコーフンニュース

ニュース

「古墳時代の始まり」特別展開幕 近つ飛鳥博物館で開幕/大阪

古墳時代の始まりについて、社会経済的な観点から考える特別展「古墳出現期の筑紫・吉備・畿内 2・3世紀の社会と経済」(府立近つ飛鳥博物館主催、産経新聞社共催)が30日、河南町の同博物館で開幕した。会場には畿内などで出土した土器や農具、鏡などが展示され、訪れた古代史ファンらが熱心に見入っていた。11月26日まで。

同館によると、近畿地方に古墳時代の政治的中心が形成された背景は、依然不明な部分が多い。古墳出現に先立ち、各地で人やモノの移動が活発になり、それが前方後円墳成立の基盤になったとも考えられているという。同展では近年の発掘調査から、ヤマト王権出現の背景を探っている。

10月29日には岡村秀典・京都大学人文科学研究所教授の講演「中国鏡からみた倭王権の成立」があるほか、各種講座やミニシンポジウムも予定している。

開館時間は午前10時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)。休館日は月曜と10日(9日は開館)。問い合わせは同館((電)0721・93・8321)。

記事のページ:
http://www.sankei.com/west/news/171001/wst1710010028-n1.html