最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古墳が世界遺産候補に? 世界遺産登録に必要な証明とは

古墳が世界遺産に登録されるかもしれない。世界遺産登録には、何が必要なのだろうか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞編集委員・今井邦彦さんの解説を紹介しよう。

* * *
7月31日、国の文化政策について助言する文化審議会は、日本から2019年の世界文化遺産登録を目指す候補として、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」を推薦することを決めた。これから、両古墳群の価値などを説明する推薦書をユネスコ(国連教育科学文化機関)に提出するための準備が本格的に始まる。

堺市の百舌鳥古墳群と、羽曳野・藤井寺両市にまたがる古市古墳群は、4世紀後半から5世紀にかけてヤマト王権の大王の墓とされる巨大な古墳が築かれたエリアだ。日本最大の古墳、大山古墳(仁徳陵古墳、全長約486メートル)は百舌鳥古墳群、第2位の誉田御廟山古墳(応神陵古墳、全長約425メートル)は古市古墳群にある。この2基を含む計49基の古墳が、世界文化遺産として推薦される予定だ。

世界文化遺産に登録されるには、その遺産が人類全体にとって「顕著な普遍的価値」を持っていることを証明する必要がある。大山古墳を築くためには15年以上の年月と、のべ約680万人の労力が必要だったという試算もあり、古墳の巨大さで当時の王権の強大な権力を視覚的に実感できるという「わかりやすさ」が評価されたようだ。

課題もある。大山古墳、誉田御廟山古墳など両古墳群の主要な古墳の多くは、宮内庁が天皇や皇族の墓である「陵墓」や、その候補地の「陵墓参考地」などに指定している。一般の人は立ち入ることができず、大規模な発掘調査もされてこなかったため、石室にどんな副葬品が収められているかも、一部の古墳を除いてよくわかっていない。

「国内代表」に選ばれたことで、ユネスコに世界遺産について専門的な助言をする国際記念物遺跡会議(イコモス)による現地調査もこれから行われる。主要な古墳が本格的に発掘調査されていない現状で、イコモスの委員が世界遺産の条件である「顕著な普遍的価値」が十分に証明されていると認めるかどうかが、注目される。(解説/朝日新聞編集委員・今井邦彦)

【キーワード:ヤマト王権】
3世紀半ば~7世紀の古墳時代、東北地方南部から九州を支配した政治体制。各地の首長(リーダー)が大王(のちの天皇)を中心に連合して始まったとみられる。大王の墓といわれる巨大な前方後円墳は、3、4世紀には現在の奈良県に造られていたが、4世紀後半ごろから現在の大阪府の百舌鳥・古市古墳群に造られるようになった。

※月刊ジュニアエラ 2017年10月号より

記事のページ:
https://dot.asahi.com/dot/2017101700082.html