最新古墳にコーフンニュース

ニュース

企画展「弥生~古墳時代 モノ作りのかたち」同志社大/京都

弥生時代から古墳時代に作られた土器や鉄製品などを展示する企画展「弥生・古墳集落とモノ作り~京都盆地・淀川流域を中心に~」が京都市上京区の同志社大学今出川キャンパスのハリス理化学館同志社ギャラリーで開かれている。

京都、大阪、滋賀の3府県から出土した約350点を展示。日用品から副葬品など幅広い出土品が並び、当時の手工業生産の実態が浮かび上がる。

29日午後1時半からは同キャンパス良心館で、発掘調査に携わった同志社大歴史資料館の若林邦彦准教授ら3人による講演やパネルディスカッションが行われる。無料、事前申し込み不要。

12月3日まで。月曜、祝日休館。同志社大学歴史資料館(0774・65・7255)。

記事のページ:
https://mainichi.jp/articles/20171026/ddf/012/040/019000c