最新古墳にコーフンニュース

ニュース

邪馬台国の有力候補地「纏向遺跡」に墓域か 方形周溝墓3基 奈良・桜井市/奈良

邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)3基(3世紀代前半から中ごろ)が新たに見つかり、同市纒向学研究センターが6日、発表した。場所は平成21年に見つかった同遺跡の中心的な建物とみられる大型建物跡の南約220メートルで、埋葬者は同遺跡に存在したクニを支えた人物の墓とみられる。現場近くに過去に前方後方墳「メクリ1号墳」も確認されており、周辺は墓域だった可能性が高いという。

見つかった3基のうち最大の墓は一辺が約9メートルで、周囲は幅約1・3メートルの溝で囲われている。残る2基はそれより小さく、いずれも埋葬施設は残っていなかった。

現場の西側では、昭和54~62年の発掘調査で、同遺跡唯一の前方後方墳であるメクリ1号墳(全長28メートル)や3基の方形周溝墓、土器棺墓などを発見。今回、方形周溝墓が新たに見つかった場所は、メクリ1号墳を中心とした墓域と考えられるという。

同遺跡では、王墓とみられる前方後円墳の纒向石塚古墳(全長94メートル)周辺でも方形周溝墓が出土。同センターは今回の墓域の被葬者について、纒向石塚古墳のグループより格下に当たる「中堅クラスの人たち」とみている。

石野博信・元兵庫県立考古博物館長は「被葬者は王権を支えた人たちで、出土遺構は邪馬台国時代の階層構造の形成過程を示す資料」としている。

現地説明会は11日午前10時~午後3時に開かれる。

記事のページ:
http://www.sankei.com/west/news/171106/wst1711060076-n1.html