最新古墳にコーフンニュース

ニュース

奈良・富雄丸山古墳 国内最大の円墳か 直径が約110m/奈良

上空からのレーザーによる三次元計測調査で判明
奈良市は15日、同市丸山1の4世紀後半の円墳・富雄丸山(とみおまるやま)古墳が、上空からのレーザーによる三次元計測調査で、直径が110メートル前後となる可能性が高いと発表した。これまで円墳で国内最大とされてきた埼玉県行田市の丸墓山古墳(直径105メートル)を上回る。奈良市教委は来年度にも現場での発掘調査に着手し、規模や詳しい構造を解明する。

市教委によると、富雄丸山古墳は1972年の奈良県の調査で直径86メートルの2段構造の円墳とされた。82年の追加調査で、祭祀(さいし)などを行う場所と考えられている張り出し部分「造り出し」があることが分かり、直径が102メートル前後だった可能性も指摘されたが、詳細は不明のままだった。

市は観光や教育の資源として活用できないか検討するため、今年5月から航空レーザー測量を実施。その結果、2段構造ではなく、3段構造であることや、直径が110メートル前後になることが新たに判明した。「造り出し」も再確認した。

大型円墳は過去に関東地方を中心に確認され、近畿地方で直径100メートル超のものは見つかっていない。市埋蔵文化財調査センターの鐘方正樹所長補佐は、国内最大規模の前方後円墳、方墳がともに近畿に存在することを指摘し、「最大規模、かつ最古級の円墳が奈良にあったことは、古墳文化の中心が近畿地方にあることを改めて示している」と語る。

富雄丸山古墳からは明治時代の盗掘で多くの副葬品が出土。小刀やおのなど農工具を滑石で忠実に模した石製品などは、国の重要文化財に指定されているが、被葬者は分かっていない。

福永伸哉・大阪大大学院教授(考古学)の話 4世紀中ごろから後半は、ヤマト政権内の政治変動の中で大型古墳造営が奈良盆地南部から北部、さらに大阪平野へと移る時期。富雄丸山古墳はそのルート上にあり、政権中枢の新たな勢力と連携した北部の有力者が被葬者の可能性がある。

【円墳】
平面が円形の古墳。3~7世紀の古墳時代に造営され、国内各地で見つかっている。直径10~20メートルが多く、直径50メートルを超えると「大型」とされる。壁画で有名なキトラ古墳や高松塚古墳(いずれも奈良県明日香村)も円墳。

【国内で確認されている大型円墳】
古墳名 所在地 直径 高さ 造営時期
富雄丸山 奈良県 110 14.3 4世紀後
丸墓山 埼玉県 105 18.9 6世紀前
高山塚 茨城県 100 10.5 5世紀前
小盛山 岡山県 95 14 4世紀後
甲山 埼玉県 90 11.3 6世紀後
茶すり山 兵庫県 90 18 5世紀前
※直径の大きさ順、富雄丸山は調査結果を反映、直径・高さの単位はメートル

記事のページ:
https://mainichi.jp/articles/20171116/k00/00m/040/023000c