最新古墳にコーフンニュース

ニュース

岡山・操山を散策 身近な自然体感 古墳群見学や記念植樹も/岡山

岡山市郊外の操山一帯で25日、身近な自然に親しむ「里山ウオーキングin操山」(テレビせとうち主催)が行われ、子どもから高齢者まで19人が散策を楽しんだ。

野外教育施設「就実・森の学校」(中区今谷)を出発し、操山公園里山センター(同沢田)で折り返す往復約8キロのコース。参加者は、元県自然保護センター所長平島省三さん(68)らの説明を聞きながら落ち葉が広がる山道を歩いたり、道中の古墳群を見学したりした。

散策後には竹や木材を使った工作に取り組み、記念植樹をした。妹らと参加した幡多小6年女子(12)は「自然の中を歩くのは気持ちがいい。いろんな植物や山の状態について学べて面白かった」と話した。

里山ウオーキングはテレビせとうちが2015年から実施する「未来につなぐ! エコプロジェクト」の一環で3回目。

記事のページ:
http://www.sanyonews.jp/article/632566/1/