最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古墳が示す別府の勢力 別府大文学部・田中教授に聞く/大分

別府市教委は12月3日午後1時から、「鬼ノ岩屋・実相寺古墳群」の国史跡指定を記念したシンポジウムを市公会堂で開く。市内北部に広がる古墳群の研究成果を通じて、知られざる古代・別府の姿に迫る。古墳時代に詳しい別府大学文学部の田中裕介教授に、その一端を聞いた。

鬼ノ岩屋古墳群は1号墳と2号墳で構成されている。江戸期には既に鬼ノ岩屋の呼称があるなど古くから知られ、1957年に国史跡の指定を受けた。加工した石を積み上げた石室内の装飾壁画が高く評価されている。当初は古墳の規模がはっきりしていなかったが、その後の発掘調査によって2号墳がただならぬ大きさの円墳だと判明した。約37・5メートルの直径は同時代の大分県内で最大だ。
実相寺古墳群は今年2月に追加指定された。隣接する太郎塚と次郎塚の両古墳(円墳)は以前から親しまれていたが、中心となる鷹塚(たかのつか)古墳は存在こそ知られていたものの詳細は不明だった。近年の発掘調査の結果、7世紀初頭の大分県で唯一となる方墳(1辺約25メートル)だったことが分かった。
二つの古墳群は別々の勢力が同時期に建造したとみられ、まず6世紀後半に鬼ノ岩屋2号と太郎塚・次郎塚が造られた。続けて、6世紀末~7世紀初めに鬼ノ岩屋1号と鷹塚が登場する。
古墳の構造や出土品には明確な違いがある。鬼ノ岩屋は筑後地方などで発達した装飾壁画や、阿蘇地方にルーツがある石屋形(いしやかた)という形状のひつぎなど、九州独特の要素が多くみられる。一方で実相寺の方墳は、近畿地方を基盤とする大和政権の権力者である推古天皇や蘇我馬子らが葬られたとされる墓と同じ形状で、九州では数少ない。朝鮮半島から畿内へと運ばれていた貴重な馬具などが出土していることも大和政権との結び付きをうかがわせる。
巨大な鬼ノ岩屋2号墳と、大和政権が認めた階層しか造ることができない方墳の鷹塚は、いずれも豊後全体を支配するレベルの有力者が別府に存在した可能性を示している。春木川の南北約1キロという立地の近さから、両者は同系統の一族で補完関係にあったのでは、と推測している。
大分県の古墳時代において、別府に有力な勢力が登場するのはこの時期だけだ。大和政権にとって、海路で畿内とつながる別府は南九州への交通の要衝に当たる。軍事や経済の拠点として重視された結果、短期間ながら豊後の代表を担うことになったのかもしれない。当時は、儀式などを行う役所のような施設があった可能性もある。ただ、別府に存在した勢力の具体的な姿は、文献が見つかっていないため判然としない。謎はまだ多く残されている。
シンポジウムでは、別府大学文学部准教授の上野淳也氏が、実相寺古墳群の発掘調査について報告。関西大学非常勤講師の今尾文昭氏が「飛鳥時代の幕開けと大型方墳の出現」の演題で基調講演。上野氏、今尾氏、別府大学名誉教授の後藤宗俊氏、別府大学文化財研究所研究員の玉川剛司氏が意見を交わす。司会は田中教授。入場無料。
関連行事として古墳群の出土品などを集めた発掘調査展を12月9日から来年の2月12日まで、市内の野口ふれあい交流センターで開催する。問い合わせは市教委社会教育課(TEL0977・21・1587)。

記事のページ:
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/11/29/JD0056388446