最新古墳にコーフンニュース

ニュース

古墳をモチーフ 親子らお菓子作り 新潟東区で体験教室/新潟

新潟市東区の牡丹山諏訪神社古墳に市民から親しんでもらおうと、この古墳をモチーフにしたスイーツ作りの体験教室が16日、東区プラザで開かれた。親子連れら約20人が参加し、古墳の形に見立てた大福など3種類のスイーツを作った。

この古墳の発掘調査団(代表・橋本博文新潟大教授)が主催し、にいがた食育・保育専門学校えぷろんから講師を招いた。

作ったのは大福のほか、勾玉(まがたま)の形にした飴(あめ)など。母親と参加した同市西区の太田椋香さん(5)と橋本詩音さん(5)は「古墳ってなあに」などとおしゃべりを楽しみながら完成させた。2人は「作るのは簡単」「大福のあんこがおいしい」とにっこり。

橋本教授は「地域起こしにつながるようなスイーツができればいいなと企画した。市民には古墳に親しみを持ってもらい、文化財の大切さを語り継いでほしい」と話した。

記事のページ:
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20171219363988.html