最新古墳にコーフンニュース

ニュース

装飾古墳、写真36点を展示 八幡東/福岡

八幡東区東田の市立いのちのたび博物館3階の歴史ポケットミュージアムで企画展「写真で見る装飾古墳」が開かれている。4月8日まで。

元朝日新聞カメラマンの故富重安雄さんが1960年代に撮影し、市に寄贈した福岡、熊本両県にある23カ所の装飾古墳(5~6世紀)の写真パネル36点を展示。まだ保存状態が良かった当時の貴重な写真で、古墳内部に描かれた直弧文(ちょっこもん)や同心円文、人物や船、馬などが写されている。

解説パネルは、北九州市立大学など5大学の学芸員を志望する学生8人が博物館実習の一環として作製した。常設観覧料は大人500円、高校大学生300円、小中学生200円。

記事のページ:
https://mainichi.jp/articles/20180113/ddl/k40/040/446000c