最新古墳にコーフンニュース

ニュース

七輿山古墳 藤岡市、築造年代に迫る 先端技術駆使し 来月26日から早大などと合同/群馬

国指定史跡で6世紀ごろ造られた古墳としては東日本最大級といわれる七輿(ななこし)山古墳(藤岡市上落合)について、藤岡市は2月26日から、早稲田大、県立歴史博物館と合同で、先端のデジタル三次元測量技術を使用し、墳丘のデジタル三次元測量と地中レーダー探査を実施する。調査期間は3月25日までの28日間。詳細な立体データの解析を基に、非破壊で古墳の構造を明らかにし、横穴式石室などの状態や規模を調査。より詳しい古墳の築造年代に迫る。

七輿山古墳は6世紀前半につくられた三段築成の前方後円墳で全長145メートル。後円部径87メートル、前方部幅106メートル、高さはともに16メートルで、墳丘の美しさは「県内随一」(県文化振興課)と言われる。全国でもまれな大型の円筒はにわや人物、馬などのはにわ類、須恵器や土師器が出土している。

早稲田大はデジタル技術を駆使して古墳の非破壊調査に取り組んでいて、埼玉県東松山市にある築造年代が不明だった野本将軍塚の調査では、従来の想定よりも1世紀ほどさかのぼる築造と推定している。今回、七輿山古墳の調査と同時に、近くにある伊勢塚古墳(6世紀後半~末ごろ)でも石室の三次元測量を行い、構造や構築技術を明らかにしていく。

市教委文化財保護課の担当者は「七輿山古墳は国指定史跡なので、発掘許可が出なくてこれまで調査ができなかった。石室の位置や規模が分かることを期待している」と話した。

記事のページ:
https://mainichi.jp/articles/20180129/ddl/k10/040/082000c