最新古墳にコーフンニュース

イベント

福山で出土の文化財知って/広島

福山市内の弥生、古墳時代の4遺跡を約20点の出土品とパネルで紹介する展示が、福山市役所のロビーで23日まで開かれている。無料。

4遺跡は市教委が2000年以降に調査。弥生時代の北本庄河床遺跡(北本庄)から見つかった高さ27センチのつぼ形土器や、6世紀前半の千田平ノ前古墳(千田町)から発掘された全長84センチの馬形埴輪(はにわ)の復元品などが並ぶ。

国内で例のないデザインの太刀の装飾金具「双龍環頭柄頭(そうりゅうかんとうつかがしら)」が出土した国史跡の二子塚古墳(駅家町)、多種類の須恵器が見つかった早戸東古墳(赤坂町)も紹介。市教委文化課は「文化財を知って、福山に愛着を感じてほしい」と話している。

記事のページ:
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201310200106.html