最新古墳にコーフンニュース

ニュース

《サクラ特集》藤岡・七輿山古墳/群馬

群馬県藤岡市街の北西約3.5キロに位置する七輿山ななこしやま古墳(同市上落合)をソメイヨシノが覆い、全長145メートルの墳丘全体を淡い色に染め上げている。

6世紀前半に造られた三段築成の前方後円墳。同じ世紀では東日本最大級の大きさを誇る。

墳丘周辺では、のんびりと歩きながらサクラを見上げる人の和やかな笑い声が聞こえる。1400年以上の歴史を持つ史跡に、穏やかな時間が流れている。(29日午後2時25分ごろ撮影)

記事のページ:
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/42590