最新古墳にコーフンニュース

ニュース

牧野古墳 巨大石室 地域の誇り/奈良

1960~70年代、奈良県広陵町と香芝市で真美ケ丘ニュータウンの開発が始まった。計画地に国史跡の古墳があった。馬見丘陵の尾根の先端を利用して作られた牧野(ばくや)古墳(円墳、6世紀末)だ。

広陵町教育委員会文化財保存課の名倉聡課長補佐(46)に案内してもらった。ずっと昔から、古墳の横穴式石室の入り口が少し開いていたという。「子どもの探検ごっこの格好の遊び場になっていたそうです」と名倉さん。横穴式石室を持つ円墳として、1957年に国史跡に指定された。

83、84年に古墳の発掘調査が行われた。石室の規模は全長17・1メートル、高さ4・5メートルの巨大石室だったことが判明した。石棺は盗掘で壊されていたが、周囲から武器や馬具、ガラス玉など、2万点以上の遺物が見つかったという。

記事のページ(続き):
https://www.asahi.com/articles/ASL4H64BNL4HPOMB00N.html