最新古墳にコーフンニュース

ニュース

世界最大級の古墳の周りを走る 大阪堺でマラソン大会/大阪

大阪 堺市で古墳の周りを走るマラソン大会が開かれました。

大会は世界文化遺産への登録を目指している大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」をPRしようと開かれ、全国からおよそ6000人が参加しました。

スタート地点には堺市のマスコットキャラクター、「ハニワ課長」が駆けつけ、ランナーを応援しました。

ランナーが走るのは古墳群の中でも最も大きい仁徳天皇陵とされる陵墓の周囲のコースで、参加した人たちは汗をぬぐいながら、世界最大級の古墳を横目に健脚を競っていました。

堺市の小学5年生の男の子は「疲れたけれども早く走れたので楽しかったです」と話していました。また、49歳の母親は「昔の人も古墳の周りを走っていたのかなと歴史に思いをはせながら走りました。大切に守ってきた古墳が世界遺産に登録されればうれしいです」と話していました。

記事のページ:
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180429/k10011422741000.html