最新古墳にコーフンニュース

ニュース

前橋市所有の刀剣、資料館で22点公開/群馬

粕川歴史民俗資料館(前橋市粕川町膳)で春期企画展「前橋市所有の刀剣」が開催されている。展示されているのは江戸時代後期の刀匠、2代目粟田口忠綱作の刀、「粟田口近江守忠綱」など22点。普段は公開されていない名品ぞろいだ。7月1日まで。

粟田口派は、京都で鎌倉時代初期から中期にかけて栄えた一派。粟田口忠綱はその末裔(まつえい)を名乗る人物という。市内の刀剣収集家から寄贈され、同市が保管しているが、平成20年以降、展示はされていなかった。

その他、鎌倉時代の古刀や同市の古墳から出土した古墳時代の直刀なども展示されている。市文化財保護課は「状態が良く、見応えがあるものを展示している。本物の刀剣の魅力を感じてほしい」と話している。

開館時間は午前10時~午後4時。毎週月、火曜休館(5月1日、2日は開館)。入館料無料。

記事のページ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000019-san-l10