最新古墳にコーフンニュース

ニュース

ぼ~っとした脱力系「はにわ文具」が期間限定販売『古墳にコーフン!in東急ハンズ新宿店』にて 2018年6月1日~6月15日/東京

古墳にコーフン協会担当の古墳グッズは6月30日まで販売します!!
株式会社平岩さんの「はにわ文具」ともどもよろしくね♪

オリジナル雑貨の企画・製造・販売業の株式会社平岩(本社:京都府京都市中京区、代表取締役 平岩 亘)は、“はにわ”をモチーフとした「はにわ文具」を「古墳にコーフン!in東急ハンズ新宿店」イベントにて、6月1日~15日の期間限定で販売します。

このイベントは、東急ハンズと古墳にコーフン協会のコラボレーション企画で、2016年に開催され、今回のイベントはそれに続く第2弾です。イベントでは、古墳にコーフン協会から出ているCD・書籍をはじめ、古墳クッションや、古墳消しゴムハンコ、Tシャツやリュック、雑貨やキッチングッズ、書籍、アクセサリー等、古墳に特化したグッズがもりだくさん出展します。6月1日から1ヶ月行われるイベントで当社が展開している「はにわ文具」も15日間の期間限定で初めて出展します。

■はにわ文具について
「はにわ文具」は、特徴的なフォルムでお馴染みの“踊るはにわ”や、馬、武人などの馴染みのあるものから、紳士、おじさん、赤ちゃん、お兄さん、お姉さんなどはにわファミリーをあしらった当社のオリジナルのステーショナリーで、昨年の2017年4月に発売しました。ダイカットふせん、スティックふせん、マスキングテープ、はんこ、ダイカットステッカー、スケジュールシール、クラフトシール、メモ、A5ノート、ポチ袋など、オフィスや自宅で便利に使える10種類のアイテムを展開しています。ぼぉ~っとした愛らしい表情のちょっとゆるいはにわの表情が、普段言えない感謝の気持ちや頼みごとなどを伝えるとき、これらのステーショナリーが、きっかけをつくりやすいと、20代~40代の働く女性たちに人気です。

■イベント販売予定商品
名 称: はにわ文具
商品名 価格(税別)
ダイカットふせん (全2種) ¥400
スティックふせん(全2種) ¥400
マスキングテープ(全4種) ¥400
はんこ(全4種) ¥300
ダイカットステッカー(全4種) ¥180
スケジュールシール(全2種) ¥300
クラフトシール(全2種) ¥300
メモ(全2種) ¥400
ポチ袋(全4種) ¥300
A5ノート(全4種) ¥350

■イベント概要
イベント名:古墳にコーフン! in 東急ハンズ 新宿店
場所:東急ハンズ新宿店 7階 理化学コーナー
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タイムズスクエアビル2~8F
期間:2018年6月1日~2018年6月30日
はにわ文具販売期間:2018年6月1日~2018年6月15日

【株式会社平岩 会社概要】
本社:〒604-0907 京都市中京区河原町竹屋町上ル大文字町241番地
TEL:075-222-1041(代) FAX:075-222-0843
ホームページ:http://kyoto-hiraiwa.co.jp
代表:代表取締役 平岩 亘
設立:1988年1月5日
資本金:10,000,000円
事業内容:(1)オリジナル雑貨の企画・販売
(2)学校旗・消防団旗・優勝旗・山車幕などの工芸品の製造・販売
(3)PRの幟旗、ポール・ピンバッジの製造

<参考資料>
■株式会社平岩について
当社は1927年に学校旗や優勝旗などの旗製造会社として創業しました。1200年の伝統を有する京都は、京友禅はじめ、西陣織、刺繍などの工芸を有しています。当社の製品は、その文化や匠の技を伝承する職人たちによって作り出されており、各方面から高い評価をいただいております。また“歴史ある土地・街”を軸にしたオリジナル文具を手掛け、2015年に「仏像」をモチーフにした文具を、2017年4月には「はにわ文具」を展開しています。ステーショナリーグッズの同業他社は、1アイテムに特化しているところがほとんどですが、発売から幅広くトータル展開を行っているところは当社のみです。当社はこれからも、京都の匠と技術を継承しつつ、「今」のニーズに応えるべく様々なアイテムを排出していきます。

■古墳にコーフン協会
古墳シンガー【まりこふん】率いる、古墳にコーフン(興奮)する集団です。古墳をカジュアルに楽しむ方法を広めようと2013年1月に設立しました。当協会は、古墳に関する活動を“フン活”といい、古墳にまつわるニュースやイベントの企画・運営を行っています。
ホームページ:http://kofun.jp/

■まりこふん(古墳シンガー/古墳にコーフン協会会長)
古墳への愛を歌いあげる古墳シンガー。2013年1月、「古墳をゆるく楽しく愛でる」をモットーに「古墳にコーフン協会」を設立、会長を務める。10年間で巡った古墳は3000基以上。古墳を「かわいい!」という独自の目線でひも解き、「堅苦しい古墳のイメージをカジュアルにしたい」「古墳めぐりの楽しさを多くの人に知ってもらいたい」と活動中。全国各地のイベントや、TV・ラジオ番組、新聞、雑誌記事などメディアにも多数出演。毎年はとバス主催の「まりこふんと行く古墳バスツアー」を開催中。古墳に関する楽曲を8曲収録したCD「古墳deコーフン!」、古墳に関する著書6冊を発売中。

記事のページ:
http://www.dreamnews.jp/press/0000173822/