最新古墳にコーフンニュース

ニュース

装飾付須恵器 つぼつないで、つぼに載せ 古墳時代、井戸埋める祭りで使う? 兵庫・姫路/兵庫

兵庫県教育委員会は28日、同県姫路市の前田遺跡から、つぼの肩部分に、粘土ひもでつながった小さな五つのつぼが載った「装飾付須恵器」が出土したと発表した。古墳時代のものとみられる。

県教委によると、小さなつぼが付いた須恵器はこれまでも見つかっているが、ひもでつないだ形状は全国初。担当者は「朝鮮半島から伝来した時期に、国内で形を試行錯誤した例ではないか」と話している。

出土した須恵器は一部が欠けた状態で、重さが約1・1キロ、高さが約13センチ。一緒に見つかった土器の形状などから、5世紀末に作られた可能性が高く、装飾付須恵器の中では古いタイプという。装飾付須恵器は古墳などで副葬品として埋められることが多いが、今回は井戸の中から見つかった。井戸を埋める際の祭りに使われたと考えられるという。

出土品は6月1日~7月31日、県立考古博物館(同県播磨町)で公開する。

記事のページ:
https://mainichi.jp/articles/20180529/ddn/012/040/037000c