最新古墳にコーフンニュース

ニュース

盗掘品 大正の研究で判明 3府県の古墳10基の遺物 「一つの古墳から」見方覆す/奈良

大正時代に奈良などの古墳を荒らしていた窃盗グループやその盗品の実態について、奈良市埋蔵文化財調査センターの研究者らが研究結果をまとめた。奈良国立博物館に保管されている差し押さえ品は従来、一つの古墳から出たとの見方もあったが、実際には複数の古墳からだったことなどが判明。現在では調査が困難な古墳も含まれていて、新たな研究成果となった。

記事のページ(続き):
https://mainichi.jp/articles/20180731/ddl/k29/040/551000c