最新古墳にコーフンニュース

イベント

明治大学博物館『特別展 ウィリアム・ガウランドと日本の古墳研究』(10月13日〜)/東京

2018年10月13日〜12月2日まで、東京都千代田区の明治大学博物館にて『特別展 ウィリアム・ガウランドと日本の古墳研究』が開催されます。

日本アルプスの命名者としても知られる、英国人技師・ガウランド(William Gowland,1842-1922)は、明治4(1872)年に来日し、大阪・造幣局に勤めながら数百基に及ぶ日本各地の古墳を調査し、精密な測量図や写真などの記録に基づいた研究論文を帰国後に発表しました。彼の研究は、日本の古墳研究の先駆けとして高く評価されていますが、その全体像はベールに包まれたままでした。今回は、ガウランド・コレクションを収蔵する大英博物館の全面的な協力を得て、ガウランドが収集した古墳出土資料や彼が作成した調査図面、アーネスト・サトウをはじめとする当時の研究者との交流を示す手紙、古墳を撮影した写真といった資料に国内の関連資料を交え、最新の研究に基づいたガウランドの古墳研究の実像に迫ります。
大英博物館のコレクションは、日本国内では初めての公開となるのはもちろんのこと、大英博物館でも未公開であった貴重な資料が含まれます。この機会にぜひご覧ください。

主催:明治大学博物館 協力:日英共同研究グループ Gowland Project 後援:朝日新聞社
助成:芸術文化振興基金助成金

■会期
2018年10月13日(土)~12月2日(日) 会期中無休
■会場
明治大学博物館 特別展示室
■開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
■料金
300円
(明治大学の学生・教職員、明大カード会員、明治大学リバティアカデミー会員、明治大学博物館友の会会員は会員証等の提示で無料。一般の高校生以下の生徒児童及び引率者、障がい者手帳等をお持ちの方と介助者の方も無料です。)

■関連イベント
<学芸員によるギャラリー・トーク> *事前申し込み不要
開催日:10月13日(土)、10月27日(土)、11月3日(土・祝日)、12月1日(土)
開催時間:13:00~13:45
集合場所:明治大学博物館 特別展示室
講師:忽那敬三(明治大学博物館学芸員)

■関連講座
<明治大学リバティアカデミー連続講座「考古学ゼミナール」>
「ウィリアム・ガウランドと古墳研究-大英博物館に残された“学術の遺産”」
近年の学術調査によって明らかとなった成果をもとに、大英博物館というタイムカプセルに残されたガウランドの「学術の遺産」を読み解きます。
全4回シリーズ、10月下旬~11月の金曜日 18:00~20:00
受講料:5,000円
講師:忽那敬三(明治大学博物館学芸員)、一瀬和夫(京都橘大学教授)ほか
講座の申込み・お問い合わせ:明治大学リバティアカデミーホームページ https://academy.meiji.jp/course/detail/4423/

詳細ページ:
https://www.meiji.ac.jp/museum/news/2018/6t5h7p00000sjcqr.html