最新古墳にコーフンニュース

イベント

「国史跡 飯田古墳群探訪と“近代日本画の先駆者”菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅」(名古屋発着/飯田市内発着バスツアー)(9月30日)/長野

2018年9月30日、長野県飯田市にて『「国史跡 飯田古墳群探訪と“近代日本画の先駆者”菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅」』が開催されます。

「国史跡 飯田古墳群探訪と“近代日本画の先駆者”菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅」(名古屋発着/飯田市内発着バスツアー)(9月30日)/長野
「国史跡 飯田古墳群探訪と“近代日本画の先駆者”菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅」(名古屋発着/飯田市内発着バスツアー)(9月30日)/長野

○イベント名
「国史跡 飯田古墳群探訪と“近代日本画の先駆者”菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅」(名古屋発着/飯田市内発着バスツアー)

○ツアー概要
㈱南信州観光公社(長野県飯田市)では、飯田古墳群の国史跡指定(平成28年10月)を記念するイベントとして、「国史跡 飯田古墳群探訪と“近代日本画の先駆者”菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅」(名古屋発着/飯田市内発着バスツアー)を行います。
今回の古墳探訪ツアーでは、昨年の同探訪ツアーで訪れた飯田市竜丘地区にある飯田古墳群探訪に続き、座光寺、上郷、松尾の各地区に残る国史跡飯田古墳群の4基の前方後円墳を探訪します。
今回、4基ずべての横穴式石室に入りますが、それぞれ全く違った形態の石室となっており、とても興味深く古墳の石室を観察することができると思います。
また、今回のツアーでは、飯田出身で、横山大観らとともに日本画の近代化に尽力し、「王昭君」「賢首菩薩」「落葉」「黒き猫」(4点すべて国重要文化財)など数々の名作を描いた菱田春草の名作「菊慈童」も鑑賞することになります。
なお、ツアーの発着場所は、名古屋駅(太閤口)発と飯田市内(りんごの里)発の2箇所となっており、現地(飯田市)発着バスツアーとなっているため、広範囲の皆様にご参加いただけます。
是非、多くの皆様に南信州・飯田にお越しいただき、国史跡に指定された飯田古墳群の魅力を体感していただければ幸いです。

○日時
平成30年9月30日(日)

○定員
40名

○最小催行人数
20名

○大型バス利用

○旅行代金(1名様税込)
13,000円(名古屋発着の方)
8,000円(飯田市内〔りんごの里〕発着の方)

○行程
名古屋駅(太閤口)発 7:40
りんごの里着 9:45
りんごの里発 10:00(飯田市内発着の方乗車)
高岡第1号古墳見学 10:20
飯沼天神塚古墳見学 11:05
くわはら(昼食) 12:00
上溝天神塚古墳見学 13:40
おかん塚古墳見学 14:05
飯田市美術博物館着 14:50(菱田春草「菊慈童」鑑賞)
「りんごの里」着 16:05(お買い物20分 *飯田発着の方は解散)
名古屋駅(太閤口)着 18:40

○旅行企画・実施
(株)南信州観光公社 *協力:飯田市、飯田市教育委員会

○お申込み・お問い合わせ
(株)南信州観光公社
〒395-0152 長野県飯田市育良町1丁目2番地1 りんごの里内
TEL 0265-28-1747 FAX 0265-28-1748
南信州観光公社HP http://www.mstb.jp/

○詳細ページ(チラシPDFなど)
http://www.mstb.jp/osirase/archives/2018/08/930_1.html