最新古墳にコーフンニュース

イベント

平成30年度 万籟山古墳発掘調査成果報告講演会(10月14日)/兵庫

2018年10月14日、兵庫県宝塚市の宝塚市立東公民館ホールにて『平成30年度 万籟山古墳発掘調査成果報告講演会』が開催されます。

■日程
平成30年10月14日(日曜日)

■開催時間
午後1時30分から午後3時30分まで
午後1時開場

■対象
どなたでも

■施設
宝塚市立東公民館ホール
住所:宝塚市山本南2丁目5番2号
アクセス:阪急山本駅下車 南口より徒歩5分
公民館駐車場台数(有料)には、限りがありますので公共交通機関等をご利用ください。
東公民館電話番号(当日問い合わせのみ):0797-89-1567

■込締切日
平成30年10月12日(金曜日)
申込期間:平成30年9月18日(火曜日)から10月12日(金曜日)まで
平日午前9時から午後5時まで電話またはファクス(名前、人数、電話番号を記載)にてお申込みください。
※手話通訳・要約筆記あり

■受付:宝塚市教育委員会社会教育課
電話番号 0797-77-2029
ファクス 0797-71-1891

■内容
大阪大学考古学研究室が平成30年2~3月に行った「市指定史跡 万籟山古墳(ばんらいさんこふん)」の発掘調査について、成果報告講演会を開催します。
昨年(平成29年2~3月)、発見から83年目にして初の発掘調査を実施した結果、全長が64mであることが分かり、古墳の実態解明に一歩前進しました。
今回の調査では、どのような成果が得られたのでしょうか!?
一般の方にもわかりやすい内容でお届けしますので、ぜひ調査担当者の「生」報告を聴きにお越しください!

【講演1】
午後1時35分から2時15分
「万籟山古墳の発掘調査成果」
上田 直弥助教(大阪大学埋蔵文化財調査室)

【講演2】
午後2時15分から3時30分
「宝塚市周辺の後期・終末期古墳」
高橋 照彦教授(大阪大学大学院)

~万籟山古墳(市指定史跡)とは、、、?~
昭和9年(1934)に発見された古墳時代前期(3世紀半~4世紀)の前方後円墳です。
長尾山丘陵上にあり、宝塚市内はもとより南に大阪湾、西に六甲山系、東に生駒山を眺めることが出来る眺望の良い立地に造られています。
これまで、梅原未治氏らによる調査や諸大学による測量調査が行われ、鍵穴形(前方後円墳)の形状を呈し、竪穴式石室を有している最も格式の高い古墳の形であることから、その全貌が考古学の世界で注目されています。

講師
・高橋 照彦教授(大阪大学大学院)
・上田 直弥助教(大阪大学埋蔵文化財調査室)

■定員
180名 ※要申込み(先着順)

■主催
宝塚市教育委員会、大阪大学考古学研究室

詳細ページ:
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kyoiku/rekishi/1027023.html