最新古墳にコーフンニュース

ニュース

県内で出土 古墳時代の短甲や銅鐸を展示 徳島市内で特別企画展始まる/徳島

今年開館20年を迎える徳島市立考古資料館の特別企画展「ただいま-東京国立博物館所蔵資料里帰り展―」が22日、同市国府町西矢野の同資料館で始まった。12月24日まで。

弥生~平安時代に徳島市にあった源田遺跡(国府町西矢野)、巽山古墳(上八万町星河内)、恵解山2号墳(八万町)、一宮経塚(一宮町)で出土した26点を展示。鉄板を革ひもでとじて組んだ短甲や銅鐸などが並んでおり、来場者は当時の中央政権とのつながりや地域の交流に思いをはせていた。

期間中、奈良県立橿原考古学研究所の学芸課長による記念講演会(10月27日)や段ボールで古墳時代のかぶとを作るワークショップ(11月3日)、学芸員による展示解説会がある。

記事のページ:
http://www.topics.or.jp/articles/-/103458