最新古墳にコーフンニュース

ニュース

奈良)ナガレ山古墳を歩く 1600年前と現在の姿/奈良

奈良県河合町から広陵町にまたがる県営馬見丘陵公園。56・2ヘクタールの園内は季節ごとに花が咲き誇り、子どもの遊び場も充実している。一年を通して多くの人が訪れる。

もともとは丘陵上にある馬見古墳群を保存、活用するために公園として整備されたものだ。園内を歩けば、200メートル超の前方後円墳や帆立貝(ほたてがい)式古墳など、30を超える古墳に出会える。

古墳をPRしようと定期的にガイドツアーが開かれている。主催する「河合町観光ボランティアガイドの会」の米山英(すぐる)会長(77)と「広陵町文化財ガイド」の屋田泰彦会長(81)に同行をお願いした。

記事のページ(続き):
https://www.asahi.com/articles/ASL9R0Q67L9QPOMB00H.html