最新古墳にコーフンニュース

ニュース

歴史を語る「ぐんまの埴輪(はにわ)」/群馬

古墳時代に上毛野国(かみつけぬのくに)と呼ばれていた群馬県は、肥沃(ひよく)な土地と豊富な水資源、大陸からもたらされた最先端の文化・技術を持ち、東国(現在の東日本)をリードする東国文化の中心地でした。
また東国最大の古墳大国であり、古墳から出土した埴輪の質・量は全国屈指です。埴輪の世界を楽しんでみませんか。

記事のページ(続き):
http://www.pref.gunma.jp/07/b21g_00309.html