最新古墳にコーフンニュース

ニュース

雪野山古墳展 副葬品、一堂に紹介 「卑弥呼の鏡」など218点 東近江/滋賀

国史跡の雪野山古墳の出土品を初めて全点公開する企画展「雪野山古墳の全貌(ぜんぼう)」が、東近江市五個荘竜田町の観峰館で開かれている。全国的にも珍しい未盗掘の古墳だったため豊富な副葬品が完全な形で出土し、2001年に一括して国の重要文化財指定を受けている。11月18日まで。

市南部に位置する雪野山(標高308・8メートル)の山頂部で1989年、未盗掘の竪穴式石室(長さ6・1メートル、幅1・5~1・35メートル)が見つかり、古墳時代前期(4世紀前半)の古墳と分かった。山頂部に後円部、尾根が前方部となる前方後円墳で、全長70メートル。4年前、国史跡に指定された。

記事のページ(続き):
https://mainichi.jp/articles/20181014/ddl/k25/040/258000c