最新古墳にコーフンニュース

イベント

第9回かみつけの里古墳祭り(10月21日)/群馬

2018年10月21日、群馬県高崎市の上毛野はにわの里公園・かみつけの里博物館にて『第9回かみつけの里古墳祭り』が開催されます。

いちめんのコスモスの中、壮大な古代ロマンに思いを馳せてみては

ここ「かみつけの里博物館」がある地域一体は、今から1500年前の重要な遺跡が数多く発見された場所です。
そんな歴史的な地で行われるのが「かみつけの里古墳祭り」です。

お祭りでは、考古学の研究成果をもとに製作した、オリジナル脚本による「王の儀式」再現劇を上演します。演じる方々は、公募により参加していただいているボランティアスタッフのみなさんです。限られた時間の中練習に励み、復元した古墳を舞台に、古代の衣装をまっとって古墳時代の人々になりきって演じます。
また、当時の文化に親しんでいただけるように、地域の小学生と一緒に栽培し収穫した古代米の試食や勾玉づくり、ミニ円筒はにわ作りなどの体験イベントも用意しております。
さらに、二子山古墳では、この時期満開をむかえる約30万本のコスモスの花をお楽しみいただけます。

晴天の秋空の下、風に揺れるコスモス畑を散歩しながら古代ロマンを感じる1日を過ごしてはいかがでしょうか。

当日は、かみつけの里博物館は入館料無料で観覧できます。

■日時
平成30年10月21日(日)
午前10時~午後3時

■会場
上毛野はにわの里公園(井出町・保渡田町)・かみつけの里博物館

■内容
古代装束をまとった王や巫女などによる「王の儀式」再現劇の上演、勾玉・ミニ円筒埴輪づくり、古代米の赤飯の無料配布、太鼓演奏や、地元物産品の販売など。
※荒天の場合、変更となるイベントもあります。

詳細ページ(チラシPDFあり):
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014010800046/