最新古墳にコーフンニュース

ニュース

山鹿灯籠踊りの新作浴衣お披露目/熊本

世界的なデザイナーによる山鹿灯籠踊りの新作浴衣が19日、お披露目されました。
デザイナーの山本寛斎さんが手掛けた新作の浴衣は茜色から撫子色へのグラデーションが鮮やかでよへほ節の歌詞があしらわれています。
発表された浴衣は山鹿灯籠保存会が去年、発足から60周年になったことを記念し灯籠祭りのアドバイザーだった山本寛斎さんに依頼して製作されたものです。
保存会の意見も取り入れた山本さんのデザインは3種類の染めの技法や山鹿市のチブサン古墳の文様を活かした帯や帯締めなど山鹿地域の伝統と主役の踊り手が綺麗に見えるように考えられているということです。
いまでは国内外を問わず年間400回以上の公演で灯籠踊りを披露している保存会では新作浴衣の一般お披露目を来年2月1日に開催するイベント「百華百彩」で予定してるということです。

記事のページ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000003-rkkv-l43