最新古墳にコーフンニュース

ニュース

出版:目撃者がつづる百舌鳥古墳群の転変 堺の男性が著作/大阪

世界遺産登録を目指す百舌鳥(もず)古墳群(堺市)の周辺でかつて、開発のため多くの古墳が消滅したことや、住民らによる保存運動が起こったことを知る人は多くないだろう。そうした経緯を当事者の目線でつづった『よみがえる百舌鳥古墳群-失われた古墳群の実像に迫る-』(新泉社、2700円)が9月に出版された。

著者は地元で生まれ育った歯科医の宮川〓(すすむ)さん(85)、堺市堺区。

記事のページ(続き):
https://mainichi.jp/articles/20181119/dde/014/040/007000c