最新古墳にコーフンニュース

ニュース

ガラス釧展 1800年前の輝き、今も 与謝野・古墳公園/京都

与謝野町明石の町立古墳公園はにわ資料館で、国の重要文化財「ガラス釧(くしろ)」の特別展が開かれている。25日まで。

釧とは腕輪という意味。同町弓木の丘の上に造られた大風呂南1号墓で、1998年に13点の銅の腕輪とともに発掘された。年代は約1800年前の弥生時代後期とされる。

記事のページ(続き):
https://mainichi.jp/articles/20181118/ddl/k26/040/242000c