最新古墳にコーフンニュース

ニュース

仁徳天皇陵の地面はふかふかだった ベールを脱いだ天皇陵の内部とは/大阪

【萌える日本史講座】

国内最大の前方後円墳、堺市堺区の仁徳天皇陵=大山(だいせん)古墳、墳丘長486メートル=で、宮内庁と堺市による共同発掘が行われた。同庁が外部機関と調査するのは初めてで、墳丘を囲む堤(つつみ)から円筒埴輪(はにわ)や石敷きが出土。埴輪の型式から築造時期が5世紀前半~中頃の可能性が高まった。発掘現場が報道関係者に公開されたのも初めてだった。立ち入りは墳丘本体ではなく堤の一部とはいえ、これまでベールに包まれた天皇陵の内部をうかがい知ることができた。
まるで森の中

「土はふかふかしている」

堤に足を踏み入れたときの第一印象だ。報道関係者への現地公開が行われたのは11月22日。約50人が、前方部側の鳥居が設けられた「拝所」の脇を歩いて、発掘現場へ向かった。

堤は幅が30メートルほどだが、マツやカシ、クスなどが生い茂り、森の中に入ったようだった。

堤には、宮内庁職員が古墳内を見回るための幅2メートルほどの巡回路が延びていた。この部分は下草もなく歩きやすいが、巡回路から外れた部分は枯れ葉などによる腐植土が堆積。ふかふかした感触は、このためだった。

発掘は、墳丘を囲む2重の堤のうち内側の「第1堤」に3カ所の調査区(幅2メートル、長さ30メートル)を設けて10月下旬から実施された。「腐植土の下にはヘドロのような浚渫(しゅんせつ)土があり、そのすぐ下から築造当初の石敷きが検出されました」

調査をした宮内庁の徳田誠志(まさし)陵墓調査官が説明した。江戸時代、周濠(しゅうごう)の水は農業用水として使われ、当時の人たちが浚渫のため周濠の水を抜いて掘り出したヘドロを堤に積み上げたものという。浚渫土からは、江戸時代ごろの陶磁器や瓦などの破片が見つかった。腐植土は、明治以降に100年以上かけて堆積したものだった。

枝の隙間から後円部

地表から20~40センチ掘り下げると、約1600年前の古墳築造時の石敷きがほぼ当時の状態で残っていた。後世に掘り返された跡もなかったという。

「古墳築造後の長い歴史のなかで、後世の人が触った感じはなかった」と徳田さん。地元では「仁徳さん」として親しまれ、敬われてきただけに、建物を建てたり畑を耕したりすることもなく、大切に維持されてきたことが発掘調査でも浮かび上がった。

堤は全体に木々が生い茂っていたが、前方部側の拝所一帯だけは木もなく、墳丘がよく見渡せた。幅約300メートルの前方部が東西方向に一直線に延び、水をたたえた周濠に浮かぶ姿は、「巨艦」を思わせる人工的な構造物そのものだった。

墳丘をはっきり見ることができたのは、拝所付近からの前方部だけ。後円部を見ようと堤を少し移動すると、木の枝や葉に遮られ、わずかな隙間から後円部の湾曲した姿が分かる程度だった。

埴輪生産へ大量動員

発掘調査では、円筒埴輪の基底部が接するように据えられた状態で残っていた。直径は35センチ程度で、上部は割れて失われていたが、本来は高さ1メートル近くあったともみられる。堤の長さは約2・5キロあり、7千本以上が並んでいた計算になる。

円筒埴輪の一部には、基底部を意図的に割ったものもあった。築造時、埴輪を立て並べる際に高さをそろえるため、地下に埋める部分を打ち割って調整したという。調査担当者は「築造時に古墳に運び込んでみると、円筒埴輪の高さがまちまちだった。そこで、円筒埴輪の列がきれいに見えるように現地で調整したんでしょう」と話す。

また、表面が白っぽい円筒埴輪の隣に茶色い埴輪も立てられていた。埴輪の表面の色は焼く温度によって変わるため、複数の工房で作られたことが分かった。巨大古墳築造のため、急ピッチで作業が進められた様子が埴輪からうかがえた。

古墳の崩壊どう防ぐ

空中写真では優美で堂々とした姿を見せる仁徳天皇陵だが、大正時代の測量図の等高線を見ると、墳丘全体が大きく崩れていることが分かる。宮内庁の平成7~10年に行われた墳丘の測量調査でも、至るところが大きく崩れていることが判明。墳丘縁辺部も、周濠の水によって浸食が進んでいることが明らかになった。

今回の発掘は、墳丘や堤の崩壊を食い止めるため、保全措置を検討する基礎データを得るのが目的だった。そのなかで、地表からわずか20センチ下に築造当初の遺構があることを確認したことに、大きな意義があったという。

徳田さんは「保全工事をする際に作業用車両が入る場合、その重みで遺構が壊れないよう地面に土嚢(どのう)を置いてその上に鉄板を敷くなど、さまざまな保護措置が必要になる」と指摘。今後も堤全体の状況を把握するために数年かけて調査を行う予定だ。

全国的に注目を集めた発掘調査だったが、一般を対象にした現地説明会は行われなかった。「皇室の祖先をおまつりする陵墓であり、尊厳と静謐(せいひつ)を保つため」(宮内庁)というのが理由だ。

仁徳天皇陵では毎年、仁徳天皇の命日に当たる2月8日に「正辰祭(しょうしんさい)」が行われており、今も祈りの場であり続ける。「仁徳陵をきちんとお守りするのが私たちの役目」と徳田さん。末永く古墳の姿を保つためにも詳細な調査と有効な保全策が望まれる。

記事のページ:
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/181218/lif18121808400002-n3.html