最新古墳にコーフンニュース

イベント

神戸市埋蔵文化財センター春季企画展『海を見つめて~コウベの海と考古学~』(4月13日〜)/兵庫

2019年4月13日〜5月26日まで、兵庫県神戸市の神戸市埋蔵文化財センターにて『春季企画展「海を見つめて~コウベの海と考古学~」』が開催されます。

1.展覧会概要
海と浜辺が織り成す美しい景観にあふれた「コウベ」。ここに暮らす人々はこの海から多くの恵みを受けて生活し、その海を崇めてきました。そして海は、外の世界から多くのものを受け入れる窓口ともなり、今日の国際交流都市「神戸」を形作る源となりました。
今回の展覧会では、コウベの海を舞台に繰り広げられた水産業やマツリ、交通・交易などにスポットをあて、原始・古代から近代にいたるまでのコウベの人々と海の関わりを、市内の遺跡出土の考古資料を中心に概観いたします。

2.会期
平成31年4月13日(土曜)から5月26日(日曜)
開館時間:10時から17時(ただし、入館は16時30分まで)

3.会場
神戸市埋蔵文化財センター 企画展示室
〒651-2273 神戸市西区糀台6丁目1 西神中央公園内
TEL 078-992-0656 FAX 078-992-5201
(神戸市営地下鉄「西神中央駅」下車 南に徒歩8分)

4.休館日
5月13日(月曜)・20日(月曜)

5.入館料
無料

6.展覧会の構成と主な出品作品
はじめに 海への誘い ~縄文の海~
垂水・日向遺跡 縄文時代の「人の足跡」「さざ波痕」切り取り遺構
(1)『海の恵み』 ~漁業・製塩業~
西求女塚古墳出土 ヤス漁具(重要文化財)
高塚山古墳群出土 鉄製ヤス
兵庫津遺跡出土 クジラの骨、魚貝類遺存体(トリ貝)、釣針等
玉津田中遺跡出土 イイ蛸壺(弥生時代)
豊岡市袴狭遺跡出土 箱形木製品復元品(サケ・カツオ等線刻)〔兵庫県立考古博物館所蔵〕
『尼崎産魚』写真パネル〔尼崎市教育委員会所蔵〕
くじら・魚類等骨格標本〔兵庫県立人と自然の博物館所蔵〕

(2)『海のマツリ』~祈り・祭祀・信仰~
五色塚古墳出土円筒埴輪(重要文化財)
西求女塚古墳出土青銅鏡(重要文化財)
北青木遺跡出土銅鐸(市指定文化財)
舞子浜遺跡 埴輪円筒棺

(3)『海の交流』~交通・交易~
二葉町遺跡出土 船材
兵庫津遺跡出土 千石船の船材・船釘
大型廻船模型・大和型船模型〔明石市立文化博物館所蔵〕
弁才船絵馬二・五号絵馬〔敏馬神社所蔵〕(市指定文化財)
祇園遺跡出土 玳玻天目小碗

7.関連イベント
記念講演会(聴講無料・当日受付先着順)
(1)『海の幸の考古学~貝・魚・鯨~』
丸山真史氏(東海大学海洋学部講師)
5月6日(月・休日) 14時から15時
(2)『弥生時代のタコ壺漁~名産「明石ダコ」のルーツ~』
中川 渉氏(兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部次長)
5月12日(日) 14時から15時30分
展示解説とバックヤードツアー
学芸員による展示解説と、当館の非公開収蔵庫の探検ツアーを開催します。
日時:4月20日(土曜)・5月19日(日曜)
(1)10時30分から11時30分 (2)14時から15時

8.主催
神戸市教育委員会

9.協力機関
九州国立博物館/兵庫県立考古博物館/兵庫県立人と自然の博物館/明石
市教育委員会/明石市立文化博物館/尼崎市教育委員会/神戸市立博物館
/神戸市立須磨水族園/神戸アーカイブ写真館/敏馬神社/海神社

10.関連ホームページ
神戸市埋蔵文化財センターホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/center/

11.開催情報の確認
神戸市イベント案内・申込センター
TEL (078)333-3372
イベントサイト「KOBE Today」

詳細ページ(チラシPDFあり):
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2019/04/20190410841001.html